歯並びの見た目が気になる人は

歯並びの見た目が気になる人は、歯の裏側にブラケットを装着する方法もありますが、この場合はさらに高額になります。

ワイヤーを使用するよりも一般的に安価なのが、マウスピースを使用した矯正です。食事は外した状態で行ないます。アナウンサーなど声を使う職業の人でも、マウスピースを使用している人もいます。日本国内ではアソアライナーというマウスピースがもっとも普及していて、費用は40~60万円程度になります。

インビザライン(invisalign)は海外でもっとも普及している方法で、アソアライナーよりも若干高くなります。50万円~90万円程度必要となります。

マウスピースは透明なので矯正中も目立たないというメリットがありますが、比較的軽度の症状が対象となりますが、
どの場合も重症例で上下両方にマウスピースを装着すると、ワイヤーによる場合と同程度の金額が必要となります。

つぎにセラミック歯(クラウン)をかぶせるか、歯の表面を削ってセラミックを貼る方法があります。一般に15万円前後で歯一本10万円ほどかかります。矯正期間が短いことと、ワイヤーやマウスピースを使用する場合よりも歯茎に対する負荷が少ないというメリットがありますが、健康な歯を削らなければならない場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です