大人でも歯列矯正は可能

大人でも歯列矯正は可能ですが、方法によって費用がかなり異なってきます。以下色々な方法別に一般的な費用を説明します。また大人は虫歯や歯周病に罹患している場合がありますので、矯正は治療を行なった後開始することになります。虫歯の治療費などは当然矯正費用とは別途必要です。

矯正に関して一般的に意識されていないこととして、料金が段階的に発生するという点が挙げられます。通常は初回検査時に5万円、その後器具の料金や処置料などが通院のたびに必要となります。矯正歯科医院によっては、ブラケットなどを装着した後はメインテナンスとして扱い、特別なことがなければ処置料を請求しないところもあります。しかし以上の点を理解しておかないと、最終的にかなりの高額になることが珍しくないので、医師とあらかじめ治療計画や費用を十分に相談しておくことが必要です。

もっとも一般的で0.1mm程度の単位で正確に調整でき、矯正効果が高いのがワイヤーとブラケット(器具)を使用する方法です。この方法は前歯の前面に器具とワイヤーが見えるので、敬遠する人もいますがカラフルな器具や透明な器具もあります。

この方法では通常は2~3年以上という長期間を要します。他の矯正方法と比較しても医院にもよりますが、総額で80万円から100万円程度です。

まず最初の検査で5万円程度必要とする医院が大半です。それから装置料と微調整のために定期的に通院するため、その都度費用がかかり、いったん矯正が終了した後も大人の場合は元に戻りやすいので、保定といって矯正された状態を維持するためにさらに器具や処置料が必要となります。