歯が白くなるまでに必要な期間

歯が白くなるまでに必要な期間は最短で1週間程度かかるとされています。
この二つの効果の持続期間は大きく異なることも特徴として挙げられます。
歯科医院で行う方法では、効果の持続期間は3〜6ヶ月ほどとされており、比較的短い時間で効果が失われてしまいます。これは濃度の濃い薬剤を使うため、短期間で歯が白くなりますが、深く浸透しないため色戻りが早いという特性があるためです。

自宅で行う方法は、効果の持続期間は6ヶ月〜1年ほどであり長く効果を発揮します。これは濃度の低い薬剤をゆっくり歯に染み込ませることで奥まで薬剤が浸透して漂白するため白さを保つことにつながり長期的に白さを保持できると考えられています。
より歯を白くする効果を高めたいという場合には、この二つの方法を併用することがオススメです。

歯科で歯を白くしてもらったら、ホームホワイトニングで補強していくことで歯は最も白くなるといわれています。

効果を持続させるためには、飲食やトリートメント剤などを利用することによって効果を長い間維持することができるようになります。
維持するためのポイントとしては、歯に着色しやすい飲食物を避けることをおすすめします。
特に直接色の付きやすい飲み物は、コーヒーや紅茶、ウーロン茶を避けていきます。茶渋が付きやすいため毎日飲んでいる人は注意が必要です。

赤ワインに含まれるタンニンも着色の原因になります。
食べ物としては、カレーはターメリックという香辛料が着色しやすく、ほうれん草に含まれるシュウ酸がさんによって歯の表面を荒れさせて色をつきやすくしてしまいます。
また、エネメル質を弱める酸の強いスポーツドリンクにも注意していきます。
着色料も歯に着色する可能性があります。

これらをホワイトニング直後に摂取してしまうと、色がついてしまうこともあるため施術直後などはなるべく避けるようにしていきます。
毎日の歯磨きをきちんと行うことや、着色をしにくくさせる歯のトリートメント剤なども販売されており、それをうまく活用することも効果を維持するのに役立ちます。

口内環境の状態が良いこと

健康を考える上でとても重要になってくると言われているのが、口内環境の状態が良いことだと言われています。

特に歯は健康面に限らず美容面でも、芸能人のように美しい白い歯を維持するためにも食後は必ず歯磨きやマウスウォッシュを行って歯をきれいにしているという方はかなり増えてきています。最近では携帯用の電動歯ブラシなども販売するようになってきていますので、多くの方が口内ケアを意識する用になってきていると統計でも出ている程です。

しかし毎日しっかり歯磨きをしているのに、歯の表面が黄ばんでくるなど色素沈着に悩まれている方は少なくありません。木の葉の色素沈着の原因は普段の生活習慣にあると言われています。まず歯に色素汚れが付きやすいコーヒーや紅茶、緑茶、ワインなどを日常的に飲む習慣が付いている方は特に歯にステインと呼ばれる色素汚れが付着しやすくなりますし、喫煙を行っている方も歯の黄ばみが起こりやすくなると言われています。

食べ物や飲み物による歯の色素汚れは、色素沈着になるまでに歯磨きで軽く磨いてしまうことで充分に汚れを落とすことは可能ですが、仕事をされている方などは頻繁に歯磨きに行く時間もないのでどうしても歯に汚れが付着した状態で過ごしてしまうことにより、自分では落とせない色素沈着状態になってしまう方も少なくありません。

市販されているホワイトニング効果のある歯磨き粉を利用したり、超音波振動でステイン除去が行える電動歯ブラシなども販売されていますが、一度色素沈着を起こしてしまうと自分できれいにすることはほぼ不可能なので、早めに審美歯科クリニックに相談をして適切な治療を受けることをおすすめします。ただ歯の色素沈着は歯が黄ばんでしまっている状態で健康面では特に問題はないので、審美歯科クリニックでホワイトニング治療を行う場合保険診療とはならず、自費での支払いになりますので、治療を受ける際に注意が必要です。

審美歯科では一般的なホワイトニング治療として、まず歯の表面に付着した汚れを専用の電動ブラシを利用してクリーニングを行い、きれいになったら歯の表面に薬剤をまんべんなく塗ります。黄ばみが目立つ部位全体に薬剤が塗れたら上から特殊な光を照射します。そうすることで歯の表面に蓄積している色素を分解させることが出来るので、元の自然な白い歯を取り戻すことが出来ます。

このホワイトニング治療を受けるメリットとして、その日の内に元の白い歯を取り戻すことが出来る手軽さにあり、短時間できれいな歯に仕上げたいという方に向いています。ただデメリットとして半永久的に白い状態を維持することは出来ないため、普段通りの生活をしていれば再度黄ばんできてしまう恐れが高いので、定期的に審美歯科で治療を受ける必要が出てきます。

またホワイトニング治療といっても、芸能人のような真っ白な歯に仕上げるためにはまた違う治療を受ける必要がありますので、医師とよく相談して治療方法を決める必要があります。

清潔感のある人の方が説得力が増すという口コミ

セラミック素材の力だけに頼って歯に被せ物を行っていくのがオールセラミックの治療です。
奥歯と前歯のどちらにも難なく使えるという強みがあり、奥歯に使えば安心感のある強度が得られますし、前歯なら清潔感のある印象が醸し出せます。

こうした点からわかる通り、審美性と機能性の両面から良い効果が感じられるのです。
そして、歯科医師など分野に精通している方々が声を揃えて言う事があります。

それは、前部に関しては虫歯や炎症が起こっていなくても審美性を求めて治療を受けるべきだという事です。
人の印象に関して行われた調査によると、口内環境が綺麗な状態だと知的に感じるという口コミがとても多いのです。

つまり、治療により並び方を綺麗に整えた上で、オールセラミックを使えばより一層容姿を素敵にすることができます。
実は、清潔感のある人の方が説得力が増すという口コミがあるので、仕事で人材を纏めなければならない方などは積極的にオールセラミックで変化していくべきなのです。

当然、オールセラミックは現状よりも白くなりますが、違和感を覚えてしまうほどの白さにはならないので安心してください。
エナメル質まで再現されているので、一見手を加えたようには見えません。